飛行機の機内に水筒の持ち込みは可能?注意点や制限についてご紹介!

飛行機を利用する際に「水筒を持ち込んで自分の好きなものを飲みたい!」と考える方も多いのではないでしょうか?水筒は液体の入った容器に該当するため、どのようなルールがあるのか気になるところですね。そこで今回は飛行機の中に水筒を持ち込むことは可能なのかという点について詳しく紹介させていただきます。

乾燥した機内の中で水分補給が出来ないのはなかなか厳しいですよね。特に子供には飲み物が簡単に飲めるストロー付きの水筒を持ち込みたいと考える方も多く居ます。そんな時に気になるのが、飛行機への水筒の持ち込みについての制限です。

ANAやJALといった一般的な航空会社ではミネラルウォーターやお茶、コーヒー、ジュースなどの飲み物は無料で提供されていますが、ピーチやジェットスターなどのLCCの場合は有料の場合が一般的です。

この記事では、飛行機への水筒の持ち込みに関する制限について詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

水筒の持ち込み制限について

飛行機の機内に水筒の持ち込みは可能?注意点や制限についてご紹介!

まず初めに水筒の持ち込みについて国内線と国際線の違いをご紹介させていただきます。

国内線

国内線に水筒を持ち込む際は以下の点に留意する必要があります。まず水筒を持ち込むという事は基本的に中には液体が入っていると想定します。航空会社の液体持ち込みの制限に準拠する必要があり、基本的には飛行機の中に液体を持ち込む場合、100ml以下の容量の液体の入った容器を透明で再封可能なビニール袋に入れることで持ち込みの許可が降ります。

このルールがある為、水筒の容量が100mlを超える場合は中身を空にして持ち歩き、検査後に売店や自動販売機で新たに購入した水やお茶を水筒に入れ替える必要が出てきます。

また、安全上の理由から飛行機内では水筒の蓋をしっかりと閉めておくことが重要で、締めが甘いと上空で蓋が開いてしまい液体が漏れる可能性があります。そうならない為にも水筒の蓋はしっかりと締めてから飛行機に持ち込むようにしましょう。

また、他の旅客や機内乗務員の迷惑とならないよう水筒から飲み物を飲む際はマナーを守って行いましょう。音を立てずに飲むように気を付け、こぼれやすい飲み物であれば慎重に扱ってください。

また、上記で述べた内容は各航空会社のポリシーや規則が変更される可能性があるため、出発前に航空会社のウェブサイトや連絡先で最新の情報を確認することも重要です。

国際線

基本的には国内線と同様のルールとなりますが国際線の場合についても違いなどをご紹介させていただきます。国際線に水筒を持ち込む際も一般的には、100ml以下の容量の液体の入った容器を透明で再封可能なビニール袋に入れて持ち込まなければなりません。しかし、国内線との違いとしては一部の国や航空会社ではさらに厳しい制限がある場合もありますので事前に確認しましょう。

国際線ではセキュリティチェックに時間がかかる場合があり、水筒は液体の容器として認識されるため、セキュリティチェック時には取り出して単独で検査することが求められます。準備がスムーズに進むようセキュリティチェック場所での取り扱いに注意しましょう。

また一部の国際線では機内食など、飲み物の提供があるため水筒を持ち込む必要がない場合もあります。航空会社のサービスについて事前に調べ必要性を判断しましょう。

最後に国際線では各国の入国審査や税関規制にも留意する必要があります。水筒には飲み物が入っているため、一部の国では特定の規制がある場合もございます。目的地の国の関連情報を確認して入国審査や税関でトラブルを避けるためにも適切な対応を心掛けましょう。

飛行機に持ち込める水筒の大きさについて

飛行機の機内に水筒の持ち込みは可能?注意点や制限についてご紹介!

では次に飛行機の中に持ち込める水筒の大きさについて紹介していきます。飛行機の中に持ち込む水筒の大きさについては特に指定ございませんが、場合によっては航空会社や国際基準による制限がある事も。

ただし水筒の中が空であれば液体を機内に持ち込むわけではないのでそこまで注意する必要はないかと思いますが、あまりにも大きなスポーツ用の水筒などは返って邪魔になってしまう事もございますのでおおきすぎる水筒は極力持ち込まないようにした方が良いでしょう。

ただしどうしても大きな水筒を持ち込まなければならないというシーンもあると思いますので中身には十分注意して持ち込むようにしましょう。

最終的には、航空会社や国の規定に従って水筒の大きさを選ぶ必要がありますが、旅行前に十分な確認を行い、制限に合致する適切な水筒を選んで飛行機に持ち込みましょう。

水筒にお酒を入れて機内に持ち込むことはできる?

飛行機の機内に水筒の持ち込みは可能?注意点や制限についてご紹介!

こちらもよくある質問となるのですが、当然飛行機に水筒を持ち込む際にお酒を入れて持ち込むことは禁止されています。飛行機内では自身で持ち込んだアルコール飲料の摂取は制約されており、多くの航空会社で禁止されていることでしょう。

航空会社は飛行中の乗客の安全と快適さを最優先に考えており、アルコールの持ち込みや摂取に制限を設けている所がほとんどで、一部の航空会社では機内で提供されるアルコール飲料のみが許可されており、自身で持ち込んだアルコールは禁止されています。

また、国によっても入国審査や税関の規制があり、アルコールの持ち込みに関する制約が存在することもあります。目的地の国の関連情報を事前に確認し、入国審査や税関でトラブルを避けるためにも適切な対応を心掛けましょう。

したがって、飛行機に水筒を持ち込む際にお酒を入れて持ち込むのはやめましょう。お酒が飲みたい場合は機内で販売していますので航空会社が提供しているアルコール飲料を利用するようにしましょう。

飛行機に水筒を持ち込む際の保安検査場での検査

飛行機の機内に水筒の持ち込みは可能?注意点や制限についてご紹介!

飛行機の機内に水筒を持ち込む際、保安検査場で以下のような検査が行われることが一般的です。

  1. X線検査: 水筒は手荷物と一緒にX線検査機に通されます。この検査は、水筒内に異物や禁止されたアイテムがないかを確認するために行われます。
  2. 手動検査: X線検査で異常が検出された場合や疑わしい場合、セキュリティスタッフは手動で水筒を検査することがあります。これには、水筒の蓋を開けて中身を確認したり、触覚検査を行ったりすることが含まれます。
  3. 液体検査: 水筒に液体が入っている場合、セキュリティスタッフは液体の性質を確認するためにテストを行うことがあります。これには、液体を特定の試薬に触れさせて反応を確認する検査や、液体を少量採取して検査機器で分析することが含まれます。

保安検査は、乗客と乗員の安全を確保するために行われます。水筒を持ち込む際には、スムーズな検査を受けるために以下の点に留意することが重要です。

  • 液体の制限を守る: 飛行機に持ち込む液体は通常、100ml以下の容量のものを透明で再封可能なビニール袋に入れて持ち込むことが許可されます。この制限に従い、水筒に入れる液体の量を制限しましょう。
  • 水筒を容易に開けられる状態にする: 検査の際にスムーズに水筒を検査できるよう、蓋を開けることが可能な状態にしておきましょう。

保安検査は航空会社や国の規制によって異なる場合がありますので、事前に航空会社のウェブサイトや案内を確認することをお勧めします。

飛行機の機内に水筒を持ち込む際の注意点まとめ

今回は飛行機に水筒を持ち込む際の注意点や国内線、国際線の違いについて紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

基本的には皆さんご存じの通り持参した液体は特定の容器に移し替えた少量のみしか持ち込むことが出来ない為水筒も同様に中身が入っていると保安検査場で止められてしまいます。

また、空の水筒を持って保安検査場を通過した後であればそこで購入した水やお茶を水筒に移し替えることは可能ですが基本的にペットボトルで販売されている為わざわざ移し替える必要もないと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました