ソルティライチは太る?カロリーや糖質・体に悪い?について述べてみました

今回は夏の水分補給・塩分補給に欠かせないドリンクの1つでもあるソルティライチについてカロリーや太りやすいのかなどダイエット目線でご紹介していきたいと思います!

夏は熱中症対策として普段よりも多くの水分を摂取するよう心掛けるべき所ではありますが、汗と共に流れでていくのが塩分です。そんな塩分も一緒に吸収できるとあってソルティライチは人気の高い飲み物となっているようですね。

しかしそこで気になるのがカロリーや糖質などではないでしょうか。ソルティライチは同系列のアクエリアスやポカリスエットと同じようにしっかりと塩分対策はできるのですがカロリーや糖質もかなり高めに設定されております。

そんなソルティライチを飲みすぎてしまうと太ってしまうのか、ダイエット中でも問題ないのかなど順番に見ていきましょう。

ソルティライチってどんな飲み物?


出典:https://www.kirin.co.jp/products/softdrink/kitchen/products/product_detail16.html

まず初めにソルティライチってどんな飲み物?という所からご紹介させていただければと思ます。ソルティライチは名前の通り「ソルト(塩)+ライチ」でできた飲み物となっており、2011年に発売されました。発売直後から根強い人気を持っており今現在もヒット商品として多くのお店で販売されています。

そんなソルティライチですが使っている塩にもこだわりが強く、商品完成までに世界中の数十種類もの塩で試作した結果現在使われているのは沖縄海塩だそうです。今やソルティライチのグミやアイスまで発売されてるほどでお酒と割って飲む人もいるようですね。

個人的にもソルティライチはとても好きで運動直後など体が水分を求めているときにはよくコンビニなどで購入しておりました。

ソルティライチのカロリーは高いの?

それでは本題の一つでもあるソルティライチのカロリーについてご紹介させていただきます。100ml当たりのカロリー数としては34kcalと記載されております。この34kcalという数値が高いのか低いのか他の商品と比較するとこのような形になります。

商品名100mlあたりのカロリー
ソルティライチ34kcal
アクエリアス19kcal
ポカリスエット25kcal
ファンタグレープ40kcal
モンスターエナジー50kcal

まずは同じ夏の熱中症対策やスポーツドリンクとして親しまれているアクエリアスやポカリスエットですがソルティライチと比べると低カロリーだという事が分かりますね。そしてファンタグレープやモンスターエナジーなどといった炭酸飲料・エナジードリンクなんかと比べるとソルティライチの方が低カロリーという事が分かります。

このことからカロリーだけ見るのであればスポーツドリンクよりも高カロリーで炭酸飲料よりは低カロリーという位置づけになるのです。ソルティライチのカロリーが100mlあたりで34kcalということで500mlのペットボトル1本全て飲んだとすると170kcalなので運動などで消費してしまったエネルギーを補給したいという場合には良いかもしれませんね。

しかしあまりカロリーを摂取したくないという方で水分・塩分補給をしたいという方にはアクエリアスがおすすめのようです。比較させていただいたファンタやモンスターエナジーについても同じようにカロリーや太るのかといった記事をご紹介していますので気になる方は是非ご覧ください。

ソルティライチの糖質は高い?

続いてはソルティライチに含まれている糖質は高いの?という疑問に関してご紹介させていただきます。先ほどご紹介させていただいたアクエリアスやポカリスエットよりも高カロリーなことから糖質も高いのでは?とお考えの人も多いと思いますが実際はどうなのかという所ですね。

商品名100mlあたりの糖質(炭水化物)
ソルティライチ8.4g
アクエリアス4.7g
ポカリスエット6.2g
ファンタグレープ11.5g
モンスターエナジー13g

まずはポカリスエットの糖質ですが、食物繊維の記載がないので表記されている100mlあたりの炭水化物6.2gというものをそのまま糖質としてさせていただきます。

アクエリアスの場合は炭水化物が4.7gと記載されているのでこちらが糖質になります。それではソルティライチの糖質はというと8.4gとの記載があるのでやはりこちらもカロリー同様にソルティライチの方が上回っているという形になりますね。

糖質も太る原因に大きくかかわってくるのでちょっとでも気になるという方は飲むのを少し抑えめにしておくのもいいかもしれません。

ソルティライチは飲むとやっぱり太りやすいの?

カロリーや糖質などを他の飲料と比較してみましたがポカリスエットやアクエリアスよりは高い数値だということが分かりましたね。しかしこちらの2商品はどちらかというと元々カロリーが低い商品だったりという事もあります。

例として挙げさせていただいたモンスターエナジーやファンタグレープなどと比べてみればソルティライチの方が低い数値だとわかるように炭酸飲料を飲むよりはソルティライチの方が太りにくいとは考えることができるでしょう。

ただソルティライチを飲みすぎてしまうとどうしても高カロリーの摂取になってしまいがちなのでのどのうるおいが目的であればお茶や水の摂取を、塩分補給も兼ねて摂取したいという場合にはアクエリアスなどを摂取したほうが太りにくいと言えます。

ソルティライチはダイエット中に飲んでも大丈夫?

太る太らないの面では先ほどお伝えした通りですが、ダイエット中に一切飲んではいけないというわけではありません。ソルティライチは確かにカロリーが高くてダイエット中の場合はあまり飲まない方がいいに越したことはありませんが500mlの1本で170kcalとなっており、多摩に摂取するくらいであれば特に問題ない範囲と言えるでしょう。

飲料ではありませんがポテトチップスなどは1袋食べてしまうと550kcal程とソルティライチ1本の3倍以上のカロリーとなってしまうのでそちらの方が要注意ですね。ポテトチップス(ピザポテト)についてどのくらい太りやすいのかなどご紹介している記事もございますので気になる方は是非ご覧ください。

ソルティライチについてまとめ

今回はソルティライチについてカロリーや糖質、太りやすいのかなどをご紹介させていただきました。結果として通常の水分補給・塩分補給のドリンクよりはカロリーも糖質も高い形にはなりますが炭酸飲料などと比べると低カロリーなどになるというところですね。

ただ飲みすぎてしまってはどんどん太ってしまうだけでなく糖質の摂取しすぎで東京病などのリスクなどもあると思いますので注意が必要です。

ダイエット中の場合にも気を付けたいところではあるので飲む前にこちらの記事を意識していただけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました